スマホの普及は年々増加し、今ではいわゆる“ガラケー”を超える所有率となっています。その中でも国内の半数以上を占めるのが、Apple社の“iPhone”。定期的に新製品を発表し続け、現在はiPhone 6シリーズが好調です。

その一方で、高い通信費に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
ここでは、キャリア別にiPhoneをお得に使いこなす方法をお伝えします。

iPhoneを話題のSIMフリーに!

最近話題のSIMフリースマホ。SIMロックが解除されているため、通信事業者を自由に選べるようになったスマホです。2015年5月より、SIMロックの解除が義務化され、SIMフリースマホによる格安SIMの利用が可能となり、大幅な通信費節約を実現しやすくなりました。それ以前に販売された端末も、機種によってはSIMロックを解除する手続きを踏むことで、SIMフリー化できるものもありますが、iPhoneは解除対象外となっています。

では、iPhoneで格安SIMを使うことはできないのでしょうか?

iPhoneはもともとSIMフリー

iPhoneはApple社の製品で、iPhoneのSIMはApple社が管理しています。日本の3大キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクはiPhoneの販売権を持っているにすぎません。
どういうことかというと、iPhoneは、いわばSIMフリーの状態で各キャリアへと運ばれ、これをユーザーが契約するときに、各キャリアで1つ1つのSIMの番号を端末と結びつけるようにAppleに申請をしているのです。そして、SIMカードを発行したキャリアと端末が結びつきSIMロックがかかるようになっています。

それなら、「各キャリアではなく、Apple社 から直接買ったらどうなるの?」という疑問が出てきますね。そうです、Apple社の販売店である“Apple store”や“Apple online store”で直接購入すれば、SIMフリーのiPhoneが手に入るというわけです。

格安SIMが使えるiPhone と使えないiPhone

では、各キャリアで契約したiPhoneをSIMフリー端末として利用できるのでしょうか?
答えは「イエス」と「ノー」。つまり、契約キャリアがドコモなら◎、auなら〇、ソフトバンクなら×…なのです。これには、格安SIMを提供する“MVNO”と呼ばれる通信事業者が関係しています。

“格安SIMを利用する”とはMVNOと契約することですが、MVNOは大手キャリアの回線網を借り受けて使用しています。2015年9月現在、MVNOのほとんどがドコモの回線網を使用しており、auの回線網を使用しているのは2社、ソフトバンクはゼロという状況です。つまり、回線網が契約キャリアと同じMVNOなら、iPhoneでも格安SIMが使える、ということです。

では、キャリアごとにiPhoneの格安SIMについて説明しましょう。

ドコモ版iPhone

前述の通り、MVNOの多くはドコモの回線網を借り受けているため、SIMロックを解除できなくても10以上の格安SIMから選んで利用することができます。プランもいろいろなので、自分の1か月の通話量やデータ通信量を参考に、ニーズに合ったものを選びましょう。

「たくさんあり過ぎてよくわからない」という人には、「NifMo」「楽天モバイル」「DMM mobile」から選ぶことをおすすめします。下表を参考にしてくださいね。

ドコモ通信網を使う格安SIMの特徴

各安SIM会社月額料金通信速度備考
NifMoドコモ系格安SIMで最速。5GB以上は料金高め。
楽天モバイルNifMoの次に早い。データ中容量向き。
DMM mobileドコモ系格安SIMで月額料金最安。データプランは10GBまでだが、7プランある。

 

ただし、ドコモで旧プランを契約中の人は、一度解約してしまうと旧プランでの再契約できません。注意しましょう。

au版iPhone

現時点でauの回線網を利用しているMVNOは2社、ケイ・オプティコムの「mineo」と、KDDIバリューイネイブラーの「UQ mobile」のみです。SIMロックがかかった状態でも、この両者は利用できます。注意すべきは、両者ともiOS8以降には対応していないことと、iPhoneのテザリング機能が使えないという点です。

下表にてau版の格安SIMを比較してみましたので、参考にしてください。

au版格安SIMの特徴

各安SIM会社月額料金通信速度備考
mineoデータプランは小容量中心。LTEの人口カバー率が99%で、通信可能エリアが広いのが特徴。
UQ mobile全格安SIMで最速。データ量が月2GB程度なら割安。iPhone6/6plusではデータ通信ができない※。

 

※ APN構成プロファイルを深く設定することによって、iOS8のiPhoneでの通信を可能にする方法が見つかっており、ユーザーが独自にmineoやUQ mobile向けに調整してプロファイルを配布しています。現在多くのmineoとUQ mobileユーザーが動作報告をしており、iPhone 5シリーズやiOS8以降のどのバージョンでも動作確認がとれているようです。

ソフトバンク版iPhone

残念ながら、ソフトバンク契約のiPhone で格安SIMを利用することは、現段階ではできません。今後、ソフトバンクの回線網を借り受けるMVNOが現れれば、そこの格安SIMが使えるようになります。

格安SIMを利用したい場合は、選択肢の多いドコモのiPhoneか、Apple storeでSIMフリー端末を購入するしか方法がありません。

SIMフリー版iPhone

Apple storeなどで購入したSIMフリーのiPhoneにはドコモ版やau版にない魅力があります。それは、

  • ほぼ全ての格安SIMが利用できる。
  • 海外の現地キャリアのSIMも利用できる。

ことです。
このようなメリットもありますが、価格が高いというデメリットもあります。iPhone6シリーズで約10万円、単純計算でドコモ版の約1.5倍に相当します。国内のみで通常の利用ならばドコモ版がおすすめですが、日本と海外を行ったり来たりするような場合は、SIMフリー版がとても便利です。

なお、今後は大手キャリアでもSIMフリーのiPhoneが入手できるようになる可能性があり、実現が待たれるところです。
iPhoneはアプリ数も多く、とても人気の端末です。格安SIMが利用できる場合は月々の通信費が数千円で利用可能な場合もあります。大手キャリアの安心感はとても魅力ですが、通信費削減を第一に考えるなら、ぜひ検討してみてください。