量販店などに行くと、たくさんの格安SIMが店頭に並んでいますよね。あまりの種類の多さに、何を選べば良いのか悩んでしまうなんて人も多いのではないでしょうか。一見すると、たくさんの種類があるように見えますが、実は格安SIMの種類は大きく3つに分けることができるんです。自分の使い方に合わせたプランを選ぶためにも、格安SIMの違いを知っておきたいですね。ここでは、格安SIMの種類について見ていきましょう。

SIMカードのサイズ

現在提供されているSIMカードには、次の3つのサイズがあります。機種ごとに使えるSIMカードのサイズは異なりますが、機能的な違いはありません。

ナノSIM

もっとも小さいSIMカードで、音声通話機能がついた格安SIMの場合には、提供されていないこともあります。接触面のほぼすべてが金属端子となっているので、SIMカードをセットする場合には、非導電性の手袋などをつけると安心です。

マイクロSIM

ナノSIMよりもひと回り大きいSIMカードです。ナノSIMと同じように、ほぼすべての接触面が金属端子になっているため、皮脂などが付着しないように手袋などをつけて作業しましょう。

ミニSIM(標準SIM)

マイクロSIMのほぼ倍。古い端末に使われているSIMカードです。

SIMサイズが合わないときは?

自分の端末のSIMカードのサイズを把握していないと、誤ってサイズが合わないSIMカードを契約してしまうことがありますが、サイズが合わないSIMカードは、基本的に使えません。サービスやプランによっては、持っている端末に合うサイズのSIMカードがない場合もあるので、契約前に自分の端末のSIMカードのサイズが利用を考えているサービスに対応しているかどうかをチェックしておくことが大切です。

万が一SIMカードのサイズを間違えてしまった場合には、手数料として2,000円ほどかかってしまいますが、SIM交換サービスを利用するのがもっとも安心です。近年では、SIMカードのサイズを合わせるためにさまざまな便利グッズが販売されていますが、使用には注意が必要です。

大きなSIMカードを目的のサイズにカットするSIMカッター。秋葉原などで見かけることもありますが、SIMカッターの使用に関わらず、SIMカードのカットは厳禁!MVNOのSIMカードも実は、大手キャリアからの貸し出し品です。解約するときには返却する必要があるため、間違ってもカットはしないでくださいね。

また、量販店などでは、ナノSIMをマイクロSIMやミニSIMサイズにするSIMアダプターが販売されていますが、動作保障はありません。SIMカードのサイズが異なる複数の端末を使うときには便利ですが、装着に失敗して端末からSIMカードを取り出せなくなると、有料修理になることもあるため、扱いには注意が必要です。

SIMカードの種類

格安SIMを提供するMVNOは、ドコモやauといった大手キャリアの回線網を借りています。そのため、サービス内容は、どうしても大手キャリアと似てしまうんです。つまり、一見するとさまざまな種類がある格安SIMカードですが、実際にはデータ通信専用カード、データ通信に加え音声通話機能がついたカード、IP電話やSMS(ショートメッセージサービス)など、MVNOが独自に付加したサービスがつけられたカードの3種類が主体になっています。

データ通信専用カード

データ通信のみに対応しているもっともシンプルなSIMカードです。データ通信専用カードのほとんどが契約に縛りがないため、気軽に試すことができるのも嬉しいポイント!スマートフォンやタブレットをデータ通信のみで使うという人におすすめです。データ通信専用カードの多くがLTEに対応していますが、日ごとまたは月ごとに通信量の上限が決まっており、プランの内容や料金設定は事業者ごとに異なります。

毎日同じ使い方をしているという人は、日ごとに上限が定められたプランでも問題ありませんが、毎日の使い方に変動がある人は、上限が月ごとに設定されているプランがおすすめです。格安SIMのプランの多くは、毎月の通信量の上限が1GBごとに設定されているため、自分に合わせたプランを選ぶことで、無駄を省くことができます。

ただし、電話番号を所持することができないため、090・080・070での発信および着信はできません。これに伴い、電話番号が必要なサービスを新しく登録することはできません。LINEの認証は、facebookのみになってしまうので、注意が必要です。

データ通信+音声通話機能つきカード

大手キャリアとほとんど変わらない使い方をしたいという人におすすめなのが、データ通信に加え音声通話機能がついているSIMカードです。最近では、ほとんどの格安SIMに音声通話機能がついているプランがありますが、データ通信のみのSIMカードよりも500円前後高く、通話料も30秒20円と割高。大手キャリアのような無料通話や定額プランはありません。契約に半年から1年の縛りがあるので、大手キャリアと同じように、途中解約した場合には、違約金が発生します。

大手キャリアからのナンバーポータビリティ(MNP)にも対応しており、今の電話番号を変えずに移行できるのが嬉しいポイント!ただし、不正利用防止のため、本人確認が必要になるので、データ専用SIMに比べ、開通に時間がかかることがあります。

独自のサービスが付加されたカード

IP電話や公衆Wi-Fiサービス、SMSなど独自のサービスとセットになったSIMカードです。LINEやグーグルの認証にSMSが利用できるので、LINEなどのネットサービスを使う人にはSMS機能がついたSIMカードがおすすめです。