自分のスマホのデータ容量を知っていますか?うっかり超過してしまうと、通信速度が制限されたり、従量課金制の場合は思わぬ出費になってしまったり…。また、契約しているデータプランの容量を増やすと、年間でスマホの通信費が数万円プラスになることも。

ここでは、スマホの通信量を節約して、快適なデータ通信環境を維持する方法を、国内だけでなく国外利用時についてもお伝えします。

データ通信量を読み込み前に削減する機能

画像の多いwebサイトを利用すると、データ通信量は大きくなります。日常的にブログやSNSなどのサイトを利用する人は、予め画像などを圧縮し、容量を節約してくれる機能(アプリ)を活用しましょう。「Chrome」が便利ですので、下記の方法で設定してくださいね。

iPhoneの場合

  1. App Store から「Chrome」アプリを入手し、起動する。
  2. 設定画面を開く。
  3. 設定画面内の「帯域幅」をタップする。
  4. 次に「ウェブページのプリロード」をタップする。
  5. 画面内の「Wi-Fi接続時のみ」をタップし、チェック(✔)を入れる。

Androidの場合

  1. 標準搭載されている「Chrome」を起動する。
  2. 画面右上のメニューボタンをタップする。
  3. メニュー画面内の「設定」をタップする。
  4. 次に「データ使用量を節約」をタップする。
  5. 画面内の「OFF」表示をタップしてONにする。

この機能を有効にしておくと、ダウンロード前にGoogleサーバーでデータが自動で圧縮されるようになります。SSL対応など一部のページは対象外となりますので、ご注意ください。 なお、一定期間内に利用したデータの元のサイズや圧縮後のサイズを確認することもできます。

データを圧縮するアプリ

最近のスマホの写真はかなり高解像度になっていて、きれいな写真が撮れますね。それをSNSなどにアップロードして、写真を共有したり公開したりすることを楽しんでいる人も多いと思います。

しかし、高解像度の写真をたくさんアップすると、データの通信量はかなり増えてしまいます。そこで、利用したいのが画像を圧縮するアプリ「かんたん写真縮小」「iZip」などです。これらのアプリでアップしたい写真を予め圧縮しておけば、アップ時のデータ通信量を削減することができます。

また、端末の機種によっては撮影時に写真の解像度を設定できるタイプがあります。写真をウェブ上に頻繁にアップするなら、設定を変更しておくことで写真を圧縮する手間を省けますね。

また、人気がある『YouTube』や『Instagram』などは送信・受信ともにデータサイズが大きいので、どうしても通信量が増えてしまいますが、利用度も高いですよね。こういう場合は送受信するデータを自動で圧縮してくれる「Opera Max」などのアプリもおすすめです。

海外でのスマホの賢い利用方法

不慣れな海外でも、インターネットを利用できると便利なことがたくさんあります。特に外国語に不安がある場合は、心強い味方となります。
でも、海外でのデータ通信には注意が必要です。

データローミングはオフに!

スマホには「データローミング」という機能がついています。これは、いつもの電波が圏外となる海外でも、その国の通信事業者の電波を受信して通信ができるようにする機能のことです。

しかし、海外ではパケット定額制のプラン対象外となるので、海外滞在時にデータローミングをオンにしたままパケット通信をしてしまうと従量課金制となり、何十万円という高額請求が発生する可能性があります。まずはデータローミングをオフにしておきましょう。iPhoneもAndroidも「設定」画面から操作できます。

海外でWi-Fiを利用しよう

海外でもWi-Fiを手軽に利用することができます。海外滞在時にインターネットを使用する可能性があるなら、Wi-Fiのサービスに申し込んでおいた方が料金も通信環境も安心です。データローミングをオフにしてから、Wi-Fi機能をオンにして利用しましょう。

では、どのようなサービスかというと、“海外用Wi-Fiルーターのレンタル”を利用することなんです。サービスの提供は

  • グローバルWiFi
  • JALエービーシー
  • GAC

などで行っており、渡航先や渡航日など条件によって異なりますが、1日に換算すると1,000円前後で利用できるところが多いです。このサービスの最大の魅力は、“複数台利用可能(約5台)”という点です。グループで海外旅行をするのなら、1人当たりの負担金は少なくなりますね。

ルーターは各社のウェブサイトから申し込むことができ、国内の国際空港での受け取りや自宅への郵送などの選択もできますよ。

海外パケットプラン

 
データ量は削減できませんが、通信料を下げるには、大手キャリアが用意する海外用のパケット定額プランを利用する方法もあります。具体的には、ドコモ「海外パケ・ホーダイ」「海外1dayパケ」、au「海外ダブル定額」、ソフトバンク「海外パケットし放題」です。「海外1dayパケ」は980円~1,580円、他は1,980円~2,980円の二段階定額制で、普段通りにスマホを使える安心感があります。

渡航先がプランの対象になっているかの確認は必要ですが、「海外1dayパケ」以外は事前の申し込みが不要なので、急な出張などの時には便利です。