最近ソフトバンクを利用していてスマホ代が高いなぁと感じることはありませんか?

そんなとき考えたいのがどうにか料金を節約できないか?ですが、

中々複雑で難しいですよね?

状況によって違う!スマホ料金の節約方法!

節約といっても色々な方法があります。

回線は変更してもよいか?機種変更したいか?手間はどのくらいか?など好みで違います。

もしあまり手間なく大幅な節約をしたいのであれば、

簡単におこなえる格安スマホを使って節約する方法がおすすめです。

節約方法節約効果こんな人に向いている!デメリット
格安スマホを利用する★★★★ソフトバンク以外のスマホでも良いので、大幅に節約したい!利用するのに知識が必要
格安SIMを利用する★★★★★とにかく料金を節約したい!利用するのに知識が必要
他社乗り換えで安くする★★★ソフトバンク以外のau・ドコモでも良いので、節約したい!通信網、サービス内容が変わる
セット割に申し込む★★スマホ以外でもインターネットを利用している人(PC、タブレットなど)固定回線乗り換えで費用が発生する
基本使用料とデータ定額プランを見直す
オプション利用料を節約する
現在ソフトバンクで、ソフトバンク回線を絶対に利用したい!節約効果が少ない

気になるところをクリック

格安スマホを利用する

節約効果の高い格安スマホ

※格安スマホとプラン見直し、セット割、乗り換えとの節約効果比較

こんな人にお勧めの節約方法!

  • ソフトバンク以外の会社でも良いので、節約したい!
  • 大幅な節約をしたい!

格安スマホは最近登場した利用料が安いスマホのことで、

楽天やmineo、イオン、DMM mobileなど、今までの大手3社とは別のところが提供しています。

プランによっては端末込みで月額2,000円代も可能で大幅な節約が可能です。

詳細については以下を参考にしてみてください♪

ソフトバンクから格安スマホへ乗り換えると何が良い?おすすめは?

基本使用料とパケットプランを見直す

こんな人にお勧めの節約方法!

  • 現在ソフトバンクを利用していて、引き続きソフトバンクを使いたい!
  • 少額で良いのであまり手間をかけずに節約したい!

ソフトバンクの回線をどうしても使いたい場合は、【基本使用料】と【データ定額パック】を見直してみましょう。

ソフトバンクの新プランの料金は“スマ放題”と呼ばれ、

基本使用料+データ定額パック+インターネット接続サービス+割引サービスの4つで構成されるプランです。

ソフトバンクのスマホ料金プラン

 

インターネット接続料と割引サービスは自分でコントロールできる部分ではありません。

通話分になる【基本使用料】と、インターネットの利用容量を決める【データ定額】が自分の使い方に合っているのか見ていきます。

  • 自分にピッタリの通話(基本料金)プランを見直そう!
  • 自分にピッタリのデータ定額パックを見直そう!
  • オプションプランを見直す
  • ソフトバンクの新プラン一覧

    まずは現在のソフトバンクのプラン見てみましょう。

    基本使用料プラン
    (2年契約時)
    インターネット接続サービス料(LTE NET)
    データ定額パック
    (データプラン容量と金額)
    合計スマホ月使用料
    スマ放題
    (国内通話無料)
    2,700円/月
    300円/月2GB 3,500円6,500円
    5GB 5,000円8,000円
    8GB 6,700円9,700円
    10GB 8,000円11,000円
    15GB 12,500円15,500円
    20GB 16,000円19,000円
    30GB 22,500円25,500円
    スマ放題ライト
    (5分以内国内通話無料)
    (家族間は無料)
    1,700円/月
    300円/月5GB 5,000円
    7,000円
    8GB 6,700円8,700円
    10GB 8,000円10,000円
    15GB 12,500円14,500円
    20GB 16,000円18,000円
    30GB 22,500円24,500円

     

    自分にピッタリの(通話)基本料金プランを見直そう!

    現在ソフトバンクでは【スマ放題】2,700円/月という国内通話し放題のプランと、

    5分以内なら何度でも通話し放題のプラン【スマ放題ライト】1,700円/月が基本料金として選べます。

    但しこちらの料金は2年契約の場合になります。

     スマ放題スマ放題ライト
    通話料国内通話無料国内通話5分以内無料
    5分超過の場合特に追加料金無し20円/30秒
    ※「ファミリー割引」加入なら
    家族間は追加無し
    基本料金4,200円3,200円
    基本料金(2年縛り)
    ※解約は9,500円支払い
    2,700円
    1,700円
    デメリット通話が少ない人には損通話超過で一気に高くなる
    コメント契約後7か月以上使用するならこちらが安いパケットプランとの最低合計使用料がカケホーダイプランより高くなる可能性高

    安いからいう理由でスマ放題ライトの選択は注意!

    皆様の中には「あんまり通話しないから、基本料金は安い方がいいなあ」と思う方も多いのではないでしょうか?

    でもここで注意!

    【スマ放題ライト】の場合、データ定額プランの最安となる2GBプランは選べません。

    なので、単純に合計利用料だけ見ると、【スマ放題】+【2GBプラン】のほうが500円安くなってしまうんです。

    スマ放題ライトはインターネットを良く使う人におすすめ!

    【スマ放題ライト】は月のインターネット通信量が2GB以上使う人におすすめのプランです。

    なので、スマホで良くSNSやLINEをしたり、インターネットで動画視聴、音楽ダウンロードなどする人は、

    スマ放題ライトのほうが合計金額が安くなります。

    ソフトバンク基本料金の選び方

    自分にピッタリのデータ定額パックを見直そう!

    データ定額パックは月にどのくらいインターネット通信をしているのか?を考えて選びます。

    単純に料金だけで行くなら最安の2GBプラン(3,500円/月)を選べば良いですが、

    月2GBの通信量を超えると通信制限がかかります。

    通信制限がかかるとまともにインターネットできなくなるので、

    サイト閲覧や動画試聴、音楽ダウンロードなどもちろん、

    TwitterやInstagramやLINEといったSNSアプリも影響します。

    パケットパック
    (データプラン容量と金額)
    合計スマホ月使用料
    (基本料金など全て込み)
    データ繰り越しおススメの人
    2GB 3,500円スマ放題:6,500円
    スマ放題ライト:選択不可
    ×主にTwitterやLINEなどでメッセージのやり取り、地図閲覧がメイン
    5GB 5,000円スマ放題:8,000円
    スマ放題ライト:7,000円
    主にネットで、
    頻繁にLINE通話やInstagram(インスタグラム)など画像投稿、音楽ダウンロードなどおこなう人
    8GB 6,700円スマ放題:9,700円
    スマ放題ライト:8,700円
    主にネットで、
    頻繁に動画試聴、ゲームダウンロードする人
    10GB 9,500円スマ放題:11,000円
    スマ放題ライト:10,000円
    おすすめできない
    15GB 12,500円スマ放題:15,500円
    スマ放題ライト:14,500円
    おすすめできない
    20GB 16,000円スマ放題:19,000円
    スマ放題ライト:18,000円
    おすすめできない
    30GB 22,500円スマ放題:25,500円
    スマ放題ライト:24,500円
    おすすめできない

     

    画像投稿メインのInstagram、動画視聴やゲームなどする場合は、5か8GBプランだと通信制限がかかりにくいでしょう。

    10GB以上では料金も高く、2GBだと月の通信容量が足りません。

    動画やゲームをする人は5GB以上がおすすめ

    月のパケット量目安は?

    ○○GBと言われてもあまりピンとこない方は、以下を参考にしてみてください。

    • ほとんどインターネットや通信アプリを利用しない月利用0.5GB~2GB程度
    • インターネットはするが、LINEでメッセージのやり取りやサイト・地図閲覧程度月利用1GB~2GB程度
    • 音楽をDLしたりLINE電話、InstagramなどSNSで画像投稿を利用する月利用2GB~4GB程度
    • たまにyoutubeなど動画やゲームをダウンロードする月利用4GB~7GB程度
    • 頻繁にyoutubeなど動画やゲームをダウンロードする月利用7GB以上

     

    オプションプランを見直す

    基本料金とデータ定額プランを見直したら、最後にオプションプランも見直してみてはいかがでしょうか?

    スマホ契約時に「後から解約できるから」とそのままになって毎月支払っているものはありませんか?

    利用状況の見直しのため料金の明細書を見てみましょう。

    ソフトバンクの場合、有料サービスに該当するものは、

    • UULA
    • SoftBankSmartTV
    • ビューン
    • とくするライフ
    • 子育てサポート
    • Yahoo!プレミアム for Softbank

    などの情報サービスや音楽・動画・書籍サービスです。

    いずれも月々の使用料は100円から600円程度ですが、複数の契約や、年間で考えた場合など、意外と出費になるものです。

    利用頻度の低いオプションは、思い切って契約を解除するのも一法です。

    有料サービスを1つ解約しただけで、その金額にもよりますが、年間で1,200円から7,200円くらいの節約になります。

    無駄なオプションは解約

    解約するときの注意点!

    ただし、オプションの解約時に注意が必要なものもあります。

    例えば、

    • 端末購入時にしか契約できないもの
    • 加入から一定期間は無料であるが、それを過ぎると有料になるもの(テザリングオプションなど)
    • 契約期間内に解約すると解除料が発生するもの(スマテレ、子育てサポートなど)

    などです。

    特に、端末の保証サービスの契約は端末購入時のみで、一度解約すると、同じ端末からの再契約はできません。

    また、留守番電話や割り込み通話など複数のサービスを盛り込んだ「スマートフォン基本パック」は1月あたり540円ですが、必

    要なサービスだけ単体で申し込んだ方が節約できる場合もあります。

    新プランと旧プラン、どちらがお得?

    ドコモなどはすでに旧プランの新規加入は終了していますが、

    ソフトバンクは旧プランである【ホワイトプラン(934円/月)】のサービス終了を撤回し、現在も加入できます。

    これにより、ユーザーとしては利用価値の高い選択肢が残されたことになります。

    また、一部は2015年11月3日で終了になりますが、今のところパケット通信に関する旧プランも新規契約できる状態です。

    基本使用料プラン
    (2年契約時)
    インターネット接続サービス料(LTE NET)
    パケット定額サービス
    (データプラン容量と金額)
    合計スマホ月使用料
    ホワイトプラン
    934円/月
    (ソフトバンク通し1~21時まで通話無料)
    (その他は20円/30秒)
    300円/月パケットし放題フラット
    月無制限 4,200円
    5,434円
    パケットし放題
    980~4,200円
    ※3Gケータイのみ加入可
    2,214~5,434円
    パケットし放題S
    372~4,200円
    ※3Gケータイのみ加入可
    1,606~5,434円

     

    旧プランである【ホワイトプラン(934円/月)】を選択する場合、パケット通信に関しても旧プランを選ばなければなりません。

    新プランの2GBプランのような容量が小さいプランを選びたくても、旧プランにはそれがないということです。

     

    【パケ放題し放題】と【パケ放題し放題S】は旧スマホ、携帯になる3Gケータイのみ対象なので、

    基本的には【パケ放題し放題フラット】を選択することになります。

    では、新・旧どちらがお得なのでしょうか?

    決め手は【通話時間】です。

    具体的には、

    • 「ホワイトプラン」だけでなく、ソフトバンク同士の通話が無料になる「Wホワイト」にも加入している場合 → 通話42分までなら旧プランがお得
    • 「ホワイトプラン」のみ加入の場合 → 通話44分30秒までなら旧プランがお得

    になります。

    セット割を利用する!

    こんな人にお勧めの節約方法!

    • スマホ以外でもインターネットを利用している人(PC、タブレットなど)
    • 自宅の光回線または無線LANの利用を考えている、利用している人

    ソフトバンクを利用している人は、光回線サービス「SoftBank光」や「Yahoo!BB」など固定回線を契約し

    ネットと固定電話、さらにスマホやタブレットの契約をソフトバンクにまとめ、

    光電話などがパックになったオプションサービス(月額540円)の契約をすることで、

    セット割「おうち割光セット」を適用することができます。

    割引の金額は、スマホで契約している【データ定額パック】によって変わります。
    (ソフトバンクセット割の公式ページはこちら)

    パケットパック
    (データプラン容量と金額)
    基本月額利用料
    (基本通話含む)
    固定回線割引額光回線との合計利用料
    2GBスマ放題:6,500円
    スマ放題ライト:選択不可
    500円/月9,800~11,200円
    5GBスマ放題:8,000円
    スマ放題ライト:7,000円
    1,522円/月9,278~11,678円
    8GBスマ放題:9,700円
    スマ放題ライト:8,700円
    1,522円/月10,978~13,378円
    10GBスマ放題:11,000円
    スマ放題ライト:10,000円
    2,000円/月11,800~14,200円
    15GBスマ放題:15,500円
    スマ放題ライト:14,500円
    2,000円/月16,300~18,700円
    20GBスマ放題:19,000円
    スマ放題ライト:18,000円
    2,000円/月19,800~22,200円
    30GBスマ放題:25,500円
    スマ放題ライト:24,500円
    2,000円/月26,300円~28,700円

     

    プランによりますが、家族全員に対してスマホ1台につき最大2年間、1月あたり500円~2,000円の割引となります。

    セット割は10回線まで適用できますので、節約効果は高いですね。

    また、オプションサービスが2か月間無料になる特典もあります。

    利用できるサービスは、スマホやパソコンのアンチウイルスソフト「BBセキュリティ(通常345円)」、

    インターネットの接続トラブルを電話で相談できる「BBサポートワイドサービス(通常540円)」などです。

    光回線初心者には心強い初期サービスといえるでしょう。

    固定回線の入れ替え費用に注意!

    「おうち割光セット」対象外の固定回線を契約している場合、

    対象の固定回線会社に乗り換えなければセット割はつかえません。

    その場合入れ替え費用が生じる可能性もあります。

    入れ替えのための費用として考えられるのは、事務手数料3,000円、工事代金(一戸建て)実質24,000円ですが、

    フレッツ光ネクストなどの利用者は実質0円です。初期費用として必要なので、併せて検討してください。

    無線LANのポケットWi-Fiでもセット割可能

    家では固定回線でなく、Wi-Fiといった持ち運び可能なモバイル無線LANルーターで、

    インターネットをしたい人もいるとおもいます。

    ソフトバンクが提供するポケットWi-Fiであれば、【新Wi-Fiセット割】というセット割が利用できます。
    (ソフトバンク新Wi-Fiセット割の公式ページはこちら)

    パケットパック
    (データプラン容量と金額)
    基本月額利用料
    (基本通話含む)
    スマホ代割引額Wi-Fi回線との合計利用料
    2GBスマ放題:6,500円
    スマ放題ライト:選択不可
    500円/月スマ放題:10,696円
    スマ放題ライト:選択不可
    5GBスマ放題:8,000円
    スマ放題ライト:7,000円
    500円/月スマ放題:12,196円
    スマ放題ライト:11,196円
    8GBスマ放題:9,700円
    スマ放題ライト:8,700円
    500円/月スマ放題:13,896円
    スマ放題ライト:12,896円
    10GBスマ放題:11,000円
    スマ放題ライト:10,000円
    1,008円/月スマ放題:14,688円
    スマ放題ライト:13,688円
    15GBスマ放題:15,500円
    スマ放題ライト:14,500円
    1,008円/月スマ放題:19,188円
    スマ放題ライト:18,188円
    20GBスマ放題:19,000円
    スマ放題ライト:18,000円
    1,008円/月スマ放題:22,688円
    スマ放題ライト:21,688円
    30GBスマ放題:25,500円
    スマ放題ライト:24,500円
    1,008円/月スマ放題:29,188円
    スマ放題ライト:28,188円

     

    データシェアプラスプランでさらに安くすることも!

    【新Wi-Fiセット割】はスマホとWi-Fiの月データ量は別々ですが、

    【データシェアプラン】というスマホとWi-Fiの月データ量を一緒にするプランでさらに安くすることが可能です。

    【新Wi-Fiセット割】にあるポケットWi-Fiに月7GB容量が【データシェアプラン】では無いため、

    通信容量は少なくなりますが、そのぶん、安くスマホとポケットWi-Fiの両方を使うことが可能です。
    (ソフトバンクデータシェアプランの公式ページはこちら)

    パケットパック
    (データプラン容量と金額)
    スマホ月額利用料
    (基本通話含む)
    データシェアプラスとの
    合計利用料と月データ容量
    新Wi-Fiセット割との合計利用料
    と月データ容量
    2GBスマ放題:6,500円
    スマ放題ライト:選択不可
    スマ放題:8,400円
    スマ放題ライト:選択不可
    月合計データ容量:2GB
    スマ放題:10,696円
    スマ放題ライト:選択不可
    月合計データ容量:2GB+7GB
    5GBスマ放題:8,000円
    スマ放題ライト:7,000円
    スマ放題9,900円
    スマ放題ライト:8,900円
    月合計データ容量:5GB
    スマ放題:12,196円
    スマ放題ライト:11,196円
    月合計データ容量:5GB+7GB
    8GBスマ放題:9,700円
    スマ放題ライト:8,700円
    スマ放題11,600円
    スマ放題ライト:10,600円
    月合計データ容量:8GB
    スマ放題:13,896円
    スマ放題ライト:12,896円
    月合計データ容量:8GB+7GB
    10GBスマ放題:11,000円
    スマ放題ライト:10,000円
    スマ放題12,900円
    スマ放題ライト:11,900円
    月合計データ容量:10GB
    スマ放題:14,688円
    スマ放題ライト:13,688円
    月合計データ容量:10GB+7GB
    15GBスマ放題:15,500円
    スマ放題ライト:14,500円
    スマ放題17,400円
    スマ放題ライト:16,400円
    月合計データ容量:15GB
    スマ放題:19,188円
    スマ放題ライト:18,188円
    月合計データ容量:15GB+7GB
    20GBスマ放題:19,000円
    スマ放題ライト:18,000円
    スマ放題20,900円
    スマ放題ライト:19,900円
    月合計データ容量:20GB
    スマ放題:22,688円
    スマ放題ライト:21,688円
    月合計データ容量:20GB+7GB
    30GBスマ放題:25,500円
    スマ放題ライト:24,500円
    スマ放題27,400円
    スマ放題ライト:26,400円
    月合計データ容量:30GB
    スマ放題:29,188円
    スマ放題ライト:28,188円
    月合計データ容量:30GB+7GB

     

    一概にどちらが良いということは言えませんが、

    スマホもポケットWi-Fiでもあまりインターネット利用しないのであれば、【データシェアプラン】、

    ポケットWi-Fiで動画再生やゲームなど大容量の通信をするのであれば、【新Wi-Fiセット割】がおすすめです。

     

    他社への乗り換えでスマホ料金を節約する!

    こんな人にお勧めの節約方法!

    • ソフトバンク以外の会社でも良いので、節約したい!
    • 節約と同時に機種変更もしたい!

    利用者がケータイやスマホの回線を別キャリアに変更する…これが、いわゆる乗り換えです。

    大手キャリアは、他社の回線ではなく、自社の回線と契約してもらうことがシェアのアップと収益につながります。

    なので、乗り換えは大歓迎、それどころか様々なサービスを提供して、新規加入を促しているわけです。
    (ドコモ乗り換えの公式ページはこちら)
    (au乗り換え割の公式ページはこちら)
     

    解約時にかかるお金は?

    ソフトバンクから他キャリアへ乗り換えるには、解約手続きをしなければなりません。

    ソフトバンクにおける契約で解除料が発生するのは、2年契約した場合の「通話し放題」、「ホワイトプラン」 9,500円 などです。

    2年契約していない場合、4か月目以降の解除料は不要ですが、1~3か月目は5,000円~9,500円かかります。

    しかし乗り換え先のキャリアは、

    解約料金額を上回るキャッシュバックやポイントの付加サービスなどを提供している場合が多いので、

    確認してみましょう。

     

    端末代金購入残高がある場合は注意!

    ただし、端末代金購入の残高があるときは注意が必要です。

    端末代金を分割で支払いしている人は多いと思いますが、

    契約を終了させると割り引かれる予定だった残りの端末代金を支払うことになります。

    端末は高価なので、大きな出費になってしまいますよ。

    電話番号引継ぎで2,000円かかるかも

    乗り換え時に電話番号の変更をせずに済む「携帯電話番号ポータビリティ」もほとんどのキャリアで適用されます。

    この場合、機種にもよりますが、新規契約よりも1,000円ほど安くなります。

    その一方で、 転出手数料としてソフトバンクに3,000円支払う必要があります。

     

    格安SIMを利用する

    こんな人にお勧めの節約方法!

    • とにかく料金を大幅に節約したい!
    • 節約できるなら多少の手間は問わない

    現在考えられる節約法のうち、料金を最優先するのなら最も効果的な方法は「SIMフリー」の利用です。

    SIMフリーとは“格安SIM”といわれるロックがかかっていないSIMカードを使うことです。

    ただし格安SIMを扱う通信事業者は、ほとんどがドコモの回線を利用しており、

    ソフトバンクの通信網を使用しているところは現在ありません。

    そのため、ソフトバンク回線から変更しても良いという人は、

    格安SIMによる節約は効果が一番大きいおすすめの方法です。

    詳細についてはソフトバンクの格安SIMおすすめはどこ?を参考にしてください。